スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ペンタングル

独特な雰囲気を持ったサウンドで、あえてジャンル分けすれば、ブリティッシュトラッドフォークロックとでも言おうか。とはいっても、普通のフォークロックバンドとは違い、そのサウンドは、トラッドフォークにありがちな、土臭さが無く、おしゃれなサウンドである。
思うにペンタングルのメンバーは、ジャズのつもりで演奏していたのではないかと思われる{特に初期のころ)それが、どういうわけかロック、フォーク、ポピュラー系のフアンに受け入れられてしまったという風にに思える。最初に聞いた時の感想は、やけに新鮮な音楽だなあと感じ、これは新しいジャズだと感じていた。このグループを知ったきっかけは、当時、ジャグバンドをやっていた時(ジャズではないよ)とあるミュージシャンが、ペンタングルの主要メンバーのバートヤンシュにすごく影響を受けているとのコメントを耳にしてからだった。外国でも、ドノバン、ポールサイモン、ジミーペイジなど影響を受けていたらしい。
知る人ぞ知るというグループで、現在でもね強いフアンがいるみたいだ。
このアルバムは、名盤で録音も良い。
76年解散。

pentangle-2.jpg

スポンサーサイト
17:23 | アナログレコード | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
カーターファミリー | top | 黛ジュン

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://rhea.blog8.fc2.com/tb.php/76-9c4c8972
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。