スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

プロコルハルム

procolharum.jpg

A WHITER SHADE OF PALEは有名ですね。青い影です。
日本のバンドでもカバーをしていたグループが多い。
印象に残っているのは、スパーダース時代の境正章が、涙を流しながら歌っていた。マチャアキのこの曲は絶品で、今でも忘れられずに記憶に残っている。もう一度歌ってくれないかしら、と願っている。
原曲は、バッハのカンタータをベースにしている。1967年頃は、(ウオ―カーブラザースの孤独の太陽もそうです)クラシックをロックに取り入れるサウンドが多くあった。そしてこの曲は、イギリス、アメリカ、日本で大ヒットした。
アートロックの時代。
スポンサーサイト
16:13 | アナログレコード | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ジミヘン | top | エリッククラプトン レインボーコンサート

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://rhea.blog8.fc2.com/tb.php/65-7b683cb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。