スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ウオ―カーブラザース

walker.jpg

アメリカのグループでありながら、本国、アメリカでは人気が出ず、イギリスで大ヒットを飛ばした。その後、日本でもブレーク。すごく印象に残っていることがあり、それは、日本公演で来日した折、スコットが東京の浅草で、学生服(学ランですね)を気に入り、その学生服を着てTVに出ていた。日本に滞在中、常にその学生服を着ていた。
ジャケットを見ると、ヘアースタイルは、こぎれいなマッシュルームカット。当時の日本でのプロモーション活動は、アイドル路線だつたのかな。
顔に合わず、スコットウオ―カーのボーカルは、太い声で、演歌の歌手で前川清の声にそっくり。前川清がこれらの曲を歌うとぴったりかもしれない。

日本での一番のヒット曲は、孤独の太陽。
サウンドは、当時評判になった、クラシックの、バロックを取り入れたサウンド。独特の雰囲気のサウンドに、スコットのボーカルが絡み、日本人受けするメロディーで、当時かなり評判になった。

注目の曲は、心に秘めた思い。
この曲は、あのフィルスペクターが関わっている。賑やかな、ある意味ノイジーとも取れる独特なサウンドは、この当時からフィルスペクターのサウンドとして出来ていたのだと感じられる。
ちなみにウオ―カーブラザースというグループ名だが、3人とも兄弟ではない。
音質は、まあまあ良い。
スポンサーサイト
18:40 | アナログレコード | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

トロッグス(オリジナルバージョン)

トロッグスのオリジナル盤で、これに入っている、ワイルドシングがオリジナルバージョンです。他に、ウイズアガールライクユーが有名な曲ですね。このアルバムは別にFontanaから、Monoのアルバムが同じジャケットで出ているが、こちらは、UKFontanaの、ステレオアルバム。録音は、たぶん擬似ステレオ録音だと思う。
ワイルドシングは、発売当時放送禁止になった記憶があり、かなり内容の濃い?歌詞である。ジミーヘンドリックスもこの曲を演奏していたし、映画、メジャーリーグで、チャーリーシーンのテーマ曲になっていたので、この曲が一躍有名になりましたね。
特徴のある変な?ボーカルは、一度聴いたら忘れない。
音質は、いまいちだが、トロッグスサウンドはバツグン。troggs2.jpg

19:21 | アナログレコード | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ポールリビア&レイダース

paulrevere.jpg

ジャケット写真を見ると、アイドルグループのように見えるが、そのサウンドは本格的なロック。60年代の匂いがぷんぷんする。
LOUIE LOUIE、 KICKSなどヒット曲が入っているが、そのサウンドは、分厚い60年代サウンド。デイブクラークファイブなどに通じる、簡素ではあるが独特のサウンドは絶品。現在のミュージシャン達から言わせると、昔のロックは簡単に演奏出来、面白くないなどと言う。それはあくまでコピーであって、当時のオリジナリティーはどうやっても出せないだろう。現在のロックサウンドのほとんどは、オリジナリティーが無い様に感じられるし、新鮮味も無い。ビジネスに走った音楽産業の音楽なんて興味ない。(全てのミュージシャンがそうだとはとは言わないが)現在の音楽シーンは、使い捨ての音楽、愛着なんて持てるわけが無い。何回か聴いて、飽きたらポイ。
音質はかなり良い。
19:21 | アナログレコード | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ニューポートフォークフェスティバル64

newport.jpg

注目の収録アーティストは、ピートシーガ―、バフィーセントメリー、フォセフェリシアーノ、スリーピージョンエステス他。

ピートシーガ―は、ご存知のようにガスリーズチルドレンの筆頭。後にはバンジョーによる弾きかたりが有名であるが、この当時はギターによる弾きかたり。良い味を出している。

バフィーセントメリー、後にサークルゲームという曲をヒットさせている(間違えていたらゴメンナサイ)透き通った良く伸びる声は、今更ながらですが、本当に良い、

フォセフェリシアーノ、このレコードの中での最高のパフォーマンスを見せている。超絶的なギターと、まだ若い声のボーカル。この人盲目なんだよね、信じられない。やはりこの人も、後に何曲か大ヒットを飛ばしているし、日本にも何回か来ている。フォークにフラメンコの技法を使ったギターは、この人が最初。

スリーピージョンエステス、この人も盲目のフォークブルースシンガー。こういうブルースを聴いてしまうと、にわかブルースシンガーの曲などアホらしくて聴けない。ブルースの土臭さがたまらないというコアなフアンにはお奨め(もう知っているか笑)ブルースハープも最高。

このニューポートフォークフェスティバル64のころは、まだ日本では、フォークソングは一般的でなく、日本で、フォークがブレークしたのは70年代に入ってから。又、このフェスティバルの全世界に与えた影響は、計り知れない。
音質はバツグンに良い。
19:14 | アナログレコード | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

CSN ;amp;Y (BlogPet)

きょうは、わんちゃんが俳句を詠んでみようと思うの

 「一番の 影響すれば アメリカン」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わんちゃん」が書きました。
12:08 | アナログレコード | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。